高品質プロテイン「ネイチャーカン」がセール中!

レビューあり!! 筋トレのカーボローディングにおすすめ!!新感覚補給食「ライスピュレ」

最終更新日 2021年9月6日

どうも、みなさん!!やまちゃんちのパパこと、もってぃです。

もってぃ
もってぃ

きょうは、筋トレのカーボローディングにおすすめ!!

新感覚な補給食「ライスピュレ」について紹介するよ

この記事はこんな人におすすめ

筋トレのカーボローディング用食品を探している人

トレーニング前におにぎりやイモは食べたくない人

ゼリーのような歯ごたえのない補給食が苦手な人

商品の提供は、いま走りたくなるメディア「スポリート」様よりいただきました。

いつも、ありがとうございます。

まぁ、私走らないんですけど

基本的に、筋トレ専門です。走るとしても、減量期に体重を落とすため走る程度ですね。

でもね、ランナー向けに開発されている商品って、

実は筋トレにも向いている商品がたくさんあるんですよ。

ですから、筋トレ好きの観点からも商品をご紹介させていただくわけです。

スポリートさん、本当に寛大。ありがとうございます。

今回の記事では、新感覚の補給食「ライスピュレ」について、

商品の特徴や、実際に筋トレのカーボローディング、間食として食べた感想をご紹介していきます。

3味あるライスピュレ

もしレビューだけをお求めの場合は、目次で「食べてみた」まで飛んでください。

では、いきましょう。

筋トレのカーボローディングにおすすめ!!補給食「ライスピュレ」とは?

右から「りんごとはちみつ味」「みたらし団子味」「青梅味」

それではさっそく、どんな商品なのかみていきましょう。

「ライスピュレ」はミナト製薬さんが出しているランナー向けの補給食です。

パッケージの白米マークがかわいらしいですね。

現在は 「りんごとはちみつ味」「みたらし団子味」「青梅味」 の3種類の味が発売されていますね。

ミナト製薬さんの公式通販HPには、こんな紹介され方をしています。

 「噛んで食べるタイプ」の日本人ならではのカロリー補給食

ミナト製薬HP

かっちかちの説明文。でも、それが渋くていい。

「日本人ならでは」とか書かれると、ちょっと目を引いちゃいますよね。

「噛んで食べるタイプ」というのも気になるところです。

スポーツ用の補給食って、今はゼリー状のものか、完全な固形のものが多いですからね。

ゼリー状だとなんか食べた気がしないですし、完全な固形もスポーツ中だと食べにくいこともあります。

ライスピュレは、どちらなのでしょうか。

では、さらに細かく商品を見ていきましょう。

「ライスピュレ」の特徴

手のひらサイズ

ライスピュレは水とお米だけで作られたゲル状の食品素材ライスジュレ」が原料になっています。

このライスジュレが原料になっていることで「ライスピュレ」最大の特徴である、ういろうのような食感が実現しています。

みなさん、ういろう知っていますか。

羊羹の亜種みたいなやつですね。ういろう関係者の人、ごめんなさい。

固形物のように何十回も噛まないと食べられないほど固くなく、かといって噛まないで飲めるほど柔らかいわけでもないあの和菓子です。

ライスピュレの開発は、このういろうがモデルになっているそうです。

レビューでも詳しく書きますが、ライスピュレのういろうのような食感は、商品コピーの「噛んで食べるタイプ」という言葉がぴったりで、

補給食としての食べやすさ、一方で噛むことによる満足感を兼ね備えた一品になっています。

また、はちみつなどに含まれている糖質「パラチノース」が原料に使われています。

パラチノースとは?

はちみつにも含まれている糖質の一種です。

血糖値が急激に上昇せず、緩やかに保たれるため、長時間エネルギーを使う運動や、勉強時に摂取するのにピッタリな糖質です。

(参考:スローカロリーラボ

長時間走ったり、体を動かし続けたりするトライアスロンやロングレースの競技者向けに開発された商品ですね。

筋トレのカーボローディングに最適

ですが、今回私がこの商品に着目したのは、長距離レースのためではありません。

筋トレにおける、カーボローディングに最適な商品ではないかと思ったからです。

カーボローディングとは?

「カーボ」とは、「カーボハイドレード(carbohydrate)」の略です。

いわゆる「炭水化物」のことです。

筋トレに限らず、体を動かすスポーツでは、体は大量にエネルギーを消費します。

体を動かすエネルギー源としてとても良い働きをするのが炭水化物です。

体に最高のパフォーマンスを発揮してもらうためには、

常に消費されるエネルギーを補うために、炭水化物を体に摂取 (ローディング) することが大事なんですね。

このように、スポーツのパフォーマンス維持のため、炭水化物を体に摂取することを「カーボローディング」と言います。

筋トレでよくみるカーボローディングは、筋トレ前の食事ですね。

特に筋トレにおいて、減量期は炭水化物も不足しがちです。

炭水化物=エネルギーが不足したまま筋トレをしてしまうと、筋肉の分解にもつながります。

ですから、筋トレ好きにとってカーボローディングは非常に大切な儀式です。

運動中のエネルギー補給という意味で言えば、トレーニング中に食べることも「カーボローディング」と言えますね。

私がライスピュレに目をつけた理由

筋トレのカーボローディングを考える際にいつも私が悩むのが、何を食べるかです。

おにぎりやサツマイモを食べる人が多いように思いますが、

個人的に固形物はトレーニング前に食べられません。

特にスクワットやデッドリフトのように、腹部が圧迫される種目をするときは吐き気につながるんですよね。

かっと言って、某ウィダーでインしてるゼリーのように、飲むタイプも嫌です。

食べた気がしないから

補給食とはいえごはんですから、やっぱり噛んで食べたいんですよ。

ですから、私は羊羹を食べることが多かったんです。

歯ごたえもそこそこあって、純粋な糖質(炭水化物)をとれるからですね。

でも、どこまでいっても羊羹ですから、味に飽きもくるわけです。

気分で味も変えることができて、歯ごたえもあって、純粋に糖質をとれる商品はないのか。

そこで出会ったのがライスピュレだったわけですね。

ういろうが食感のモデルになっているということで、羊羹らしさを感じたのもポイントです。

では、実際にライスピュレが筋トレのカーボローディングに向いているのか、

栄養成分を筋肉チェックしていきます。

栄養成分の筋肉チェック

それでは、栄養成分表示の筋肉チェックをしていきましょう。

筋肉チェックとは、栄養成分の細かい部分など一切気にせず、

いかに筋トレ・筋肉にとっていい栄養があるかだけを見る分析です。造語です。

では、3つの味それぞれについて見ていきます。

ライスピュレ(りんごとはちみつ味)1袋40g / 238円(税込み)
エネルギー112kcal
たんぱく質0.2g
脂質0.04g
炭水化物27.7g
食塩相当量0.05g
原材料

デキストリン(国内製造)、砂糖、パラチノース、はちみつ、米、還元水あめ、寒天、濃縮りんご果汁/酸味料 、香料、着色料(紅花黄)、酸化防止剤(V.C)

ライスピュレ(みたらし団子味)1袋40g / 238円(税込み)
エネルギー104kcal
たんぱく質0.4g
脂質0.08g
炭水化物25.3g
食塩相当量0.34g
原材料

米ペースト(国内製造)、デキストリン、麦芽糖、砂糖、パラチノース、還元水あめ、しょうゆ(小麦・大豆を含む)、本みりん、寒天/着色料(カラメル)

ライスピュレ(青梅味)1袋40g / 238円(税込み)
エネルギー108kcal
たんぱく質0.2g
脂質0.04g
炭水化物26.6g
食塩相当量0.23g
原材料

米ペースト(国内製造)、デキストリン、麦芽糖、砂糖、パラチノース、還元水あめ、濃縮うめ果汁、寒天、食塩/トレハロース、酸味料 、香料、着色料(紅麹、クチナシ)

それでは、筋トレサラリーマンによる採点結果は・・・

・・・

・・

もってぃ
もってぃ

満点!!!

「ちょっと待ってよ、たんぱく質が足りないじゃないか」と思ったあなたは、なかなかの筋肉馬鹿です。

脳みそまで筋肉が詰まっています。誇ってください。

確かに、筋トレ好きにとってたんぱく質は命とダンベルの次に大事なのですが、今回は話が別です。

筋トレのカーボローディング用の食材としてみたときは、いかに吸収されやすく、かつ純粋な糖質であるかを見ます。

そのようにしてみると、3つの味はいずれもたんぱく質、脂質がほぼ含まれておらず、純粋な炭水化物に近い食品であることがわかります。

また、化学調味料がほとんど含まれていないのも高評価ポイントです。

直接体を作る栄養になるわけではないですが、やはり体に入れるものなので、自然由来のものだと安心できますよね。

最近、「低糖質」をうたい、普通に脂質たっぷりな食品が人気になっているのを見ますが、

筋トレ好きとしてはむしろ、こういったカーボローディングに使える「高糖質、その他はカット!!」みたいな商品がもっと世に出てきてほしいと思っています。

「ライスピュレ」の口コミ

では、ライスピュレを使っている人はどのような感想を持っているのか。

インスタグラムで口コミを見てみました。

ナイスツッコミ

食感に言及されていますね。

私が補給食として食べていた、「羊羹」に似た食感と表現されています。

食べ応えもあり、かつ味もおいしいとなると、補給食として文句なしですね。

右下の方に写っています

トレイルランをされている方のようです。

トレイルランとは、林道や山道のような未舗装の道を行くラン競技ですね。

走るのが苦手な私からすると、信じられない世界です。

こうやって並べると、ライスピュレの携帯性の良さがわかりますね。

非常にコンパクトです。しかも、3つの味はどれも1袋あたり100kcalですから、食べる量の計算もしやすいですね。

多くの荷物を持って走るトレランには、やはり向いている商品と言えそうです。

「ライスピュレ」については、他のアンバサダーのみなさんも記事にしています。

よければ下のボタンからご覧ください。

他のアンバサダーの記事も見てみる!!(スポリート公式HPへ)

筋トレのカーボローディングに食べてみた!【ライスピュレ・レビュー】

では、レビューのお時間です。

今回は、筋トレの前、途中の栄養補給、甘そうな味だったので空腹時の間食として食べてみました。

この日のトレーニングメニューは背中・上腕二頭筋で、以下の通りです。

筋トレメニュー(午前8時開始)
  • デッドリフト 6セット
  • シュラッグ 3セット
  • リアデルトロウ 3セット
  • チンアップ 3セット
  • ラットプルダウン(ビハインドネック) 3セット
  • プリ―チャーカール 3セット
  • リバースグリッププリ―チャーカール 3セット
  • コンセントレーションカール 3セット

計1時間30分

いつもよりもやや長めのトレーニングになりました。

減量中でもあるため、朝食は少なめでした。

トレーニング前:みたらし団子味

朝食が少なめでやや空腹感があったため、一番甘みの強そうなみたらし団子味をトレーニング前に食べました。

袋を開けてみると、予想よりも固形感のある見た目でした。

それこそ、ういろうや羊羹のような見た目ですね。

いただきます。

歯形が残る固さ

・・・

・・

うまし。

え、すごいんですけど。完全にみたらし団子の味なんですけど。

もともと原材料を突き詰めればお米なわけですから、言われてみれば団子の味になるのは当たり前です。

でも、想像以上にしっかりみたらし団子です。

それでいて、羊羹のようなしっかりとした歯ごたえもあります。

噛むほどにみたらしの濃厚な甘みが口に広がります

甘みのおかげで、空腹の体に栄養が染み渡る感覚がしますね。

さらに驚いたのは、歯ざわりの良さですね。

羊羹とかういろうって、ものによっては歯にくっつくような感触のものがあるじゃないですか。

ライスピュレは、その感じがまったくありません。

しっかりと噛まないと食べられない、でも歯ざわりも良い

甘さも濃厚なばっかりじゃなく、すっきりとし甘すぎない程度に抑えられているので、その後水を飲めば口の中もさっぱりします。

ゆっくり2分ほどかけて1袋を食べたんですが、空腹感はなくなりました。

やっぱり、噛んで食べるだけで満腹感は全然違いますね。

かと言って量が多いわけでもないので、おなかが膨れてしまうこともありませんでした。

この後すぐにデッドリフトにうつったのですが、吐き気を感じることもなく、

全力で引くことができました。

トレーニング中:青梅味

青梅味

1時間きっちりで背中のトレーニングが終わりました。

すでに最初に食べたみたらしは消費されてしまったのか、また少し空腹を感じ始めたタイミングです。

そこで、上腕二頭筋のメニューに切り替える前にパクリといただきました。

青梅味を選んだのは、一番味がすっきりしていそうだったからです。

その後もトレーニングが続くので、できるだけ口の中をさっぱりさせておきたかったのが理由ですね。

・・・

・・

うマッチョ

甘みはあるんですが、青梅の味がベースなので酸味を感じます。

酸味のおかげで、後味さっぱりです。

みたらしと同じで、その後に水を飲めばほとんど口の中に甘みが残らないほどさっぱり食べられます。

その後は10分ほど休憩をはさんだのち、約30分間上腕二頭筋のメニューをこなしました。

計200kcal、小さめなおにぎり1個分を食べてトレーニングをしたわけですが、

一切おなかの圧迫感や気持ち悪さはなかったですね。

適度な噛み応えがある一方、ジュレのような柔らかさもあるからでしょうか。

今回私は筋トレで食べましたが、やはり長距離ランナーの方にもおすすめできる一品ですね。

間食:りんごとはちみつ味

ジムでのトレーニングを終え、その後はお仕事へ。

この日は夕食が午後9時近くになりそうだったので、午後5時ごろに間食を挟むことにしました。

カタボるのだけは、許せない。

コーヒーカップ汚すぎ問題

完全に職場です。

すごい変な目で見られました。同僚からなんてあだ名をつけられるのか、不安です。

では、銭湯に入るマッチョの画像を見ながらいただきます。

・・・

・・

最強

これはね、もうさいきょう・・・

さいきょ・・・さい・・・

サイドチェスト

ごめんなさい、真面目にやります。

いや、やっぱりおいしいです。

ほぼ半日、うだるような暑さの中を持ち歩いたからか、やや粘り気を感じる食感でした。

とはいえ、粘り気がありすぎておいしくないとか、そういうわけではありません。

味は、りんごの風味が強いですね

りんごの味がベースにあって、はちみつの甘さが後からやってきます。

3つの味の中では、最も糖質らしい甘みを感じました。はちみつの味があるからですかね。

この甘みのおかげで、間食としての満足感もバッチリです。

減量中の間食として、たんぱく質のお供として食べるのもアリですね。

ごちそうさマッスルでした。

購入はこちら【筋トレのカーボローディングにおすすめ!!ライスピュレ】

「買ってみたい!!」と思ったあなたのために、購入ページへのリンクをご用意しています。

リンクは、次の3種類です。

  • Amazon、楽天市場、Yahooの大手ESサイト
  • ミナト製薬の公式通販
  • スポリート

大手ECサイト

Amazonや楽天市場での購入になります。

いずれのサイトも、送料がかかるようでした。

ですが、セール時やポイントアップのタイミングで買えばカバーできる範囲内ですね。

小分けの商品もありますが、9個セットが最も送料と値段のバランスが良かったです。

3つの味を3つずつ食べられるので、お試しにはもってこいです。

ミナト製薬公式

ミナト製薬の公式通販サイトです。

送料がかかりますが、3千円以上で送料無料になるとのことです。

ミナト製薬の公式通販HPへ

スポリートでの購入

スポリートのサイトでは、小分けで買うこともできます。

5千円以上の購入で送料が無料になるので、大量に購入される場合はこちらの方がお得かもしません。

スポリート公式サイトへ

【まとめ】ライスピュレは筋トレのカーボローディングにおすすめ!!

いかがだったでしょうか。

ミナト製薬の「ライスピュレ」の紹介でした。

トレーニングをしているときって、補給食やカーボローディングを何でするのかって結構大きな問題なんですよね。

「別になんでも食べられるよ!!」って人なら好きなもの食べればいいんでしょうけど、

みんながみんなそんなに強い胃腸を持っているわけではありません。

かといって、食べ応えのないゼリー状の飲み物も物足りません。

そんな悩みを持っているあなたには、間違いなく最適解となる補給食でした。

別に悩んでいなくても、単純においしい商品なので、

気分転換のカーボローディング用食品として備蓄しておくのもOKだと思います。

興味のある方は、ぜひ試してみてください。

また、スポリートアンバサダーも随時募集中です!

興味のある方は、ぜひ一緒に活動しましょう!!

スポリートアンバサダーになってみる(スポリート公式HPへ)

それでは、今回はこの辺で。

最後まで、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA