高品質プロテイン「ネイチャーカン」がセール中!

かわいい海外絵本が毎月届く!!おすすめの定期購読サービス「ワールドライブラリーパーソナル」【1カ月目のレビュー有り】

どうも、みなさん。やまちゃんちのパパこと、もってぃです。

もってぃ
もってぃ

かわいい絵本が大好きな子どものために、

お得な絵本定期購読サービスを紹介するよ!

この記事はこんな人におすすめ

海外絵本が好きな方

定期的に子どもへ絵本を買ってあげている方

ちょっとでも安く絵本を買いたい方

みなさん、子どもに絵本ってどのくらい買ってあげていますか。

やまちゃんちは、私自身が本好きなのと、妻のつま子が絵本大好きなこともあって、

月に2~3冊は新しい絵本を買っています。

どんどんラインナップが変わるやまちゃんちの絵本棚

でも、買う度に思うことがあるんです。

高いのよ、絵本・・・。

大人が読む3~400ページの本と値段が変わらないどころか、むしろ高いこともざらにありますよね。

特に、可愛らしいデザインの海外絵本を買おうと思ったら、1冊2千円近くすることもあります。

とてもじゃないですが、毎月数冊も買うことはできません。

でも、なんとかかわいい絵本を子どもに読ませてあげたい・・・。

色々なサービスを調べる中で、見つけました。

ワールドライブラリーパーソナル

なるサービスを。

今回は、実際にやまちゃんちが購入をはじめた「ワールドライブラリーパーソナル」について、レビューも含めてご紹介します。

それでは、いきましょう。

かわいい海外絵本をお得に定期購読!! 「ワールドライブラリーパーソナル」

今回紹介するのは、株式会社ワールドライブラリーが提供する絵本の定期購読サービスです。

ワールドライブラリーの公式HPはこちら

会社としてのワールドライブラリーは、海外絵本の翻訳・日本での販売を手がけています。

2021年8月現在、公式HPで確認すると、30カ国超、100冊以上の絵本を取り扱っています

お隣の韓国・中国の他、イギリス、グアテマラ、スウェーデン、イスラエル、インドネシアなどなど、普通の書店では見られないような国の絵本も扱っています。

正直、グアテマラとかどこにあるかもいまいちピンと来ません。

絵本をきっかけに、子どもに海外への興味を持ってもらうにはぴったりですね。

では、そんな同社が提供している「 ワールドライブラリーパーソナル 」について、

サービス内容や購読できる絵本の種類、コスパについて紹介していきます。

どんなサービス?

先ほどもお伝えした通り、「ワールドライブラリーパーソナル」は、海外の絵本の定期購読ができるサービスです。

「ワールドライブラリーパーソナル」の概要
対象年齢1歳3カ月から7歳
料金1300円(税、送料込み)
月間の配本数1冊
絵本の種類ストーリー絵本・仕掛け絵本
公式HPより作製

簡単にまとめると、

月1300円で絵本のプロが選んだ海外の絵本が自宅に届く」というサービスですね。

海外発の絵本というと、「はらぺこあおむし」、「ねこのピート」、「おおきなかぶ」といったものがありますが、このサービスで届く絵本はもっとディープなものです。

次は、このサービスのラインナップにどんな絵本があるかを見てみましょう。

どんな絵本がある?

ワールドライブラリーパーソナルの対象年齢は1歳3カ月から7歳までと幅広く、月齢ごとに届く本が決まっています。

事前に届く本が確認できるのはありがたいですね。ワールドライブラリーの公式HPから、一部面白そうな本を抜粋してみます。

画像は、いずれも公式HPからの引用になります。

1歳向けの絵本

仕掛け絵本「あおいよるのゆめ」(1歳6カ月

スライド式の仕掛けで遊べるボードブックです。

小さい子どもだとなかなか仕掛け絵本で遊ぶのは難しいですが、1歳6カ月にもなれば細かい仕掛けでも楽しむことができそうです。

他の1歳児向け絵本はこちらから

3歳向けの絵本

中国の絵本「雲のような八哥鳥(はっかちょう)」(3歳7カ月

お隣中国の絵本です。

書店に出回っている海外絵本って、欧米のものが多いですよね。

意外と、同じアジアの国である中国の絵本は見かけません。

30カ国以上の絵本を扱うワールドライブラリーならではのチョイスですね。

他の3歳児向け絵本はこちらから
7歳向けの絵本

イタリアの絵本「イソップ物語 オオカミの話 キツネの話」(7歳1カ月

「イソップ童話(寓話)」は誰しもが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

子どもでもなじみやすいストーリーの中に、教訓がちりばめられている人気童話です。

日本で有名なのは、なんと言っても「アリとキリギリス」「ウサギとカメ」ですよね。

「オオカミの話、キツネの話」は、そんなイソップ童話の一つですが、日本ではほとんど知られていません。

どんな教訓が得られる話なのか、気になりますね。

他の7歳児向け絵本はこちらから

やはり、全然書店では見かけたことがない本が盛りだくさんです。

他にもたくさんの魅力的な本があります。もし興味のある方は、直接自分の目で確かめてみて下さい。

コスパは?

ただ、実際に気になるのは

定期購読がどれだけお得なの?

という部分ですね。

これは、購読をする子どもの年齢によって異なるのですが、1冊ずつを個別に買った場合に比べて、

30%ほどお得に買うことができます。

めちゃくちゃ安いですね。

やまちゃんちが購入している1歳児向けの購読で言えば、以下のような料金の差が出ます。

通常の定価合計1万3500円(税別)
定期購読の場合9千円(同)
1歳3カ月~同11カ月の計9カ月間(9冊分)

税別4500円お得!!

後から「あれも」「これも」と買ってしまうなら、最初から定期購読にしてしまった方がかなり安いことがわかります。

「ワールドライブラリーパーソナル」定期購読の申し込みはこちら

とは言っても、いきなり購読開始に踏み切るのは勇気がいります。途中で海外絵本に飽きてしまうかもしれませんからね。

今後ご購入を検討される方のために、「転勤族のやまちゃんち」では、毎月届く絵本や娘の反応についてレビューをしていきます

参考になれば幸いです。

【1月目のレビュー】かわいい海外絵本の定期購読【ワールドライブラリーパーソナル 】

やまちゃんちではちょうど娘が1歳3カ月になる直前だったので、ワールドライブラリーパーソナルの1歳向けコースの定期購読を始めました。

配送会社によって違いはありそうですが、やまちゃんちには写真のような包装でポスティング配送されてきました。

家にいなくても配達しておいてくれるのって、地味にありがたいですよね。

包装を解くと、こんな感じ。

ポスティングとはいえ、緩衝材に包まれているので破損の心配はあまりしなくてもよさそうです。

では、開封です。

1歳3カ月に届く絵本はこちら、イギリスの仕掛け絵本「faces はじめてのえほん baby sees」です。

デフォルメされたトラやゾウ、はちさんの絵が可愛らしいですね。

この絵本を持った時、最初に驚いたのはその厚みでした。

上から見た図

1ページごとの厚さはいわゆる「ボードブック」なんですが、表紙が軽くその2倍はありそうな厚みです。

しかも、中に緩衝材が空気が入っているのか、触るとふわふわな感触がします。

娘も1歳を過ぎ、以前よりも本をなめたり乱暴に引っ張ったりすることは少なくなってきましたが、それでも大人に比べると扱いは乱暴です。

子どもが一人で絵本をめくっても壊れなさそうな厚みは、親としてありがたいですね。

中身ちょい見せ

この絵本、文字はありません。

子どもが見やすいはっきりした色使いで、様々な動物や模様が描かれています。

文字がない分、読み方は自由です。

なので、親が「これはペンギンさんだね」「こっちはかえるさん」なんて教えながら読んであげると面白かったです。

字がない分、子ども一人でもぺらぺらとページをめくって楽しむことも出来ました

元々本に集中できる子ではあるのですが、別のページを見比べたり、動物を指さして「だっ!だっ!」と何か喋っていたりと、いつも以上に熱心に絵本を読んでいました。

絵本についている鏡をのぞき込む娘。熱心すぎ

字がないので「1歳よりも低年齢向けなんじゃないか?」と思いましたが、全然そんなことありませんでした。

むしろ、色々な読み方を自由に楽しめる、いい絵本だと思います。

ちなみに、この絵本は定期購読とは別に、お得な3冊セットで買うこともできます。

お得な3冊セット(税込み3850円、送料無料)を見てみる

今から、来月の絵本が到着するのも楽しみです。

こんな人におすすめ!!

まだ一月目ではありますが、実際にサービスを体験した上で、購入をおすすめできるのはどんな人なのか考えてみました。

  • 海外絵本の絵や雰囲気が好きな人
  • 珍しい絵本が好きな人
  • 自分で絵本を選ぶのが好きな人

こういった人にはおすすめできるサービスです。

そもそも、ワールドライブラリーが取り扱っている絵本が珍しいもので、

同社のプロが選ぶ絵本が定期的に送られてくる訳ですから、自分で品定めをする必要がありませんからね。

また、ご両親だけではなく、お孫さんへのプレゼントを考えているおじいちゃん、おばあちゃんにもおすすめできるサービスですね。

実はやまちゃんちもやまちゃんじいじと、ばあばが孫へのプレゼントとして買ってくれています。

実家から離れて住んでいると、どうしてもおじいちゃん、おばあちゃんとの精神的な距離があります。

でも、毎月おじいちゃんとおばあちゃんが買ってくれる絵本が届くと、「これはじいじとばあばからのプレゼントだよ」なんて声を掛けながら読み聞かせもできます。

離れて暮らす家族にこそ、こういった定期購読のサービスは向いているのかもしれません。

【口コミは?】 かわいい海外絵本の定期購読【ワールドライブラリーパーソナル 】

SNSではどんな評判なのでしょうか。

調べてみました。

予想外な絵本のサイズに驚いてらっしゃるようですが、同時にお得感について言及されていますね。

確かに、1800円の本が1千円で買えると思うと、かなりお得ですね。

この方は、かなり長い間定期購入、もしくは個別でたくさん購入されているようです。

並べて見てみると、日本の絵本とはまた違った絵の風合いがとても可愛らしいですね。

思わず絵本棚に並べたくなってしまいます。

他にも0~7歳のお子さんがいる方の口コミがたくさんありました。マイナスなことを言っている投稿は見当たりませんでした。

【まとめ】おすすめ!!かわいい海外絵本の定期購読【ワールドライブラリーパーソナル】

今回ご紹介したのは、かわいい海外の絵本が毎月届く「ワールドライブラリーパーソナル」でした。

今子育て真っ盛りの方はもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんからの贈り物としても良いサービスだと思います。

当ブログ「転勤族のやまちゃんち」では、毎月1回絵本が届くタイミングで、その時点でのサービスの状況や評価についてのレビュー記事を出していく予定です。

きょう、この記事を読んでもまだ意思が固まらない方は、また時間を空けて当ブログに遊びに来て下さい。

利用者のリアルな声をお届けします。

「ワールドライブラリーパーソナル」の公式HPへ

それでは、今回はこの辺で。ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA