高品質プロテイン「ネイチャーカン」がセール中!

【ズボラ筋肉飯】「オートミール×クラムチャウダー」の激うまレシピ

最終更新日 2021年8月3日

どうも、みなさん!!やまちゃんちのパパこと、もってぃです。

もってぃ
もってぃ

筋肉をつけるにはまず食事から!!!

でも、しっかり栄養をとれる料理を作ろうと思うと、結構手間がかかるんですよね。

今回の記事では、栄養もとりたいけど料理の手間もかけたくないというアナタのために、

毎日お昼に弁当を作るほどの料理男子である私が

ズボラでも作れる筋肉飯、略して「ズボラ筋肉飯」を紹介していきます。

今回のメーン食材は、オートミールです。

この記事はこんな人におすすめ

手軽なお食事メニューを欲している人

減量中のズボラな人

筋トレ大好きなズボラな人

ちなみに、私の料理に対するズボラさはこんな感じです。

ゆでた鶏むね肉と、ごはんです。これが私のお昼の弁当です。

なにか?

こんな私でも作れるズボラ筋肉飯ですから、

あなたが作れないはずありません。

では、いきましょう。

「オートミール×クラムチャウダー」なズボラ筋肉飯

今回ご紹介するのは、オートミールとクラムチャウダーで作る筋肉飯です。

名付けてオートチャウダー

味付けをクラムチャウダーでするので、普段のオートミールの味や香りがダメな人でも食べやすくなっています。

減量中、朝食や夕食で一品ものとして食べるのもいいですし、

白米の置き換えにも向いています。

たんぱく質の量はやや物足りないので、足りない方はプロテインで補いましょう

材料

材料は、以下の通りです。

材料(1人前)

オートミール 80g

クラムチャウダー(キャンベルスープ)カップタイプ 1つ

低脂肪乳 150~200㎖(牛乳でも可)

ミックスチーズ(お好み)

通常、オートミールの一人前は30~40gとされているので、

量としてはやや多めです。

これ1メニューでおなかを満たせる程度の分量にしています。

もし、食べきる自信がない方は、自分の胃のサイズに合わせて量を調整してください。

作り方

それでは、作り方をご紹介します。ズボラな人でも作れる、簡単調理です。

調理時間は約3分です。

オートミール80gを用意する

いきなり2gオーバーしてしまいました。

ズボラだからね。仕方ないね。

ですが、こういうところにこだわり始めると料理は面倒になります。

堪えましょう。

低脂肪乳を入れる

大体150㎖から200㎖の低脂肪乳(牛乳)を入れます。

ひたひたにすると、オートミールのぱさぱさした食感が和らぎます。

逆に、低脂肪乳の量を減らせば、オートミールの食感を楽しむことができます。

別にはかりの上に載せている意味はありません。

どかすのが面倒だったからです。

ズボラだからね

電子レンジで1分間チンする

600W1分を目安に、電子レンジでチンします。

ラップはかけなくて大丈夫です。

ダイヤルを回しすぎて1分10秒になっていますが、気にしない。

ズボラだからね。

クラムチャウダーのパウダーを投入

キャンベルスープのクラムチャウダーを勢いよくぶち込みます。

良く混ざるようにパラパラと――なんていう配慮はいりません。

どうせ後でかき混ぜるので大丈夫です。

ズボラだからね。

話は変わりますが、筋トレ好きは「白い粉」と言われると、

プロテインを連想します。

まじぇまじぇ

クラムチャウダーのパウダーをかき混ぜます。

この時、食べる時に使うスプーンでかき混ぜましょう

食事後、少しでも食器を洗う手間を減らすためです。

食器洗うの、面倒ですからね。

なんせ・・・

ズボラだからね。

完成

はい、これだけで完成です。

もう、食卓に食器を運んで食べるだけです。

え?完成品の写真ですか?

撮り忘れました

ズボラだからね。

おまけ:チーズを入れてもおいしいよ
なぜかおいしくなさそうな完成品の写真

お好みでミックスチーズや粉チーズを入れると、クラムチャウダーの味が濃厚になっておいしいです。

ただ、減量中用の食事メニューとするには、チーズの脂質が気になるので注意しましょう。

妻のつま子用にはチーズ入りを用意しました。

つま子は、ちゃんと完成品の写真を撮っていました。

真面目だからね。

以上、ズボラな作り方紹介でした。

実食

調理過程は少しふざけましたが、ちゃんとしたズボラ筋肉飯です

オートミールの食感と香りが苦手な人って多いですよね。

そのまま食べると硬いので、ゆでたり温めたりしてふやかして食べるのですが、

モソモソした食感と、温かさのハーモニーは慣れている人じゃないとなかなか食べ辛いです。

ですが、低脂肪乳(牛乳)とクラムチャウダーで調理するとあら不思議。

クラムチャウダーがベースのスープに、

オートミールのもそもそとした食感がアクセントになります。おいしい。

元々はインスタントのクラムチャウダーですが、低脂肪乳に溶け込むことで、

シチューのような濃厚な味と香りになります。

クリーミーなクラムチャウダーの香りが、オートミールの穀物臭さを消してくれるので、

オートミールの香りが苦手な人でも大丈夫です。

極めつけは、キャンベルスープのクラムチャウダー入っているアサリ。

クラムチャウダーの濃厚なクリーミーさの中に時々顔をのぞかせてくるアサリの味がいい仕事をします。

何故だか知りませんが、オートミールとの相性も抜群です。

結論

オートミールが苦手な人でも食べられる、

簡単おいしいズボラ飯!!!

食品購入はこちらから

オートミールとクラムチャウダーですが、

なかなか一般のスーパーでは見かけません。

どちらも長期間保存がきくので、ズボラさんにはまとめ買いをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最後に、もう一度作り方を簡単にまとめておきます。

  1. オートミール80gを用意する
  2. 低脂肪乳(もしくは牛乳)を150~200㎖入れる
  3. 電子レンジでチンする(目安は600W1分)
  4. クラムチャウダーのパウダーを入れる
  5. かき混ぜる
  6. 完成
  7. お好みでミックスチーズを入れる

別に写真がなくても説明できるくらいシンプルな作り方です。

家にオートミールとクラムチャウダーをストックしておけば、いつでもぱぱっと食べられます。

仕事帰り、どうしても料理をする気になれない。

でも、それなりに栄養があるものを食べたい。

そんな人におすすめのメニューになっています。

ズボラ筋肉飯こと「オートチャウダー」、ぜひお試しあれ。

それでは、本日はこの辺で。ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA