【40%オフ!】高品質プロテインの「ネイチャーカン」がセール中(公式HPへ)

【MURB(マーブ)】オールインワンのプロテインウォーターを筋トレ前・中・後で飲んでみた【レビュー】

最終更新日 2021年8月5日

どうも、みなさん!やまちゃんちのパパこと、もってぃです。

もってぃ
もってぃ

突然ですが私、いま走りたくなるメディア「Spolete(スポリート)」様のアンバサダーに就任しました!

試供品の提供を受け、商品の特徴や魅力を伝えていくアレですね。

「走りたくなるメディア」のアンバサダーですが、私、走るのは大の苦手です。

筋肉のせいで、体重いんだもん・・・・。

膝痛くなるんだもん・・・。

ですが、「筋肉だるまでもOK」という寛大なお心をスポリートさんはお持ちのようなので、

筋トレ民目線での情報を精一杯発信していきたいと思います

今回の記事ではさっそく、

オールインワンのプロテインウォーター

MURB(マーブ)についてご紹介していきたいと思います。

MURB

商品の特徴はもちろん、実際に筋トレ時に飲んだレビューも紹介しますので、

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

この記事・商品はこんな人におすすめ

粉末プロテインが苦手な人

トレーニング前・中の栄養補給用ドリンクを探している人

高品質なプロテインウォーターを探している人

商品紹介自体に興味がない人は、

目次の「いざ、実飲@ジム」の項から読み始めてください。

では、いきましょう。

プロテインウォーター「MURB(マーブ)」とは

めっちゃスタイリッシュ。左が「ソルトライチ」、右が「ピンクレモネード」

それではさっそく、MURB(マーブ)とはどんな商品なのか見ていきましょう。

現在展開されているのは、「ピンクレモネード&ラズベリー」味と、

ソルトライチ&グレープフルーツ」味の2種類ですね。

どちらも1本あたり350㎖で、スマートな見た目をしています。

マーブの公式サイトには、こんなキャッチコピーが書かれています。

今までになかった
オールインワンのスポーツドリンク

テクノロジーから生まれた
プロテイン ウォーター
MURB( マーブ)

いや、カッコよすぎ。

50文字足らずの間にカタカナ語と英語が6語も出てきてますよ。

このカッコいいキャッチコピーだけで買ってもいい気がしてきてしまいますが、

そこは筋トレサラリーマンとしての維持があります。

体を鍛えたりスポーツをしたりするには、運動と同じくらい何を摂取するかが大事です

しっかりと、MURBがどんな商品なのかを見てから考えることにします。

MURBの特徴

めっちゃスマート

「オールインワン」をうたうMURB(マーブ)は、以下のような成分が含まれています。

  • WPI(ホエイプロテイン・アイソレート)20g
  • BCAA 5000mg
  • クエン酸 1000mg

筋トレ民として注目したいのは、WPIとBCAAですね。

WPI とは

ホエイプロテイン・アイソレートの略です。

そもそもホエイプロテインとは、乳製品などから分離される「乳清」を使って作られるプロテインのことです。

よく市場に出回っている通常のホエイプロテインはWPCと呼ばれます。

一方、WPIというのは、この乳清をさらにろ過して作られるプロテインのことです。

WPCよりも不純物が取り除かれるため、より純度の高いたんぱく質を含んだプロテインになります

トレーニーになじみ深いのは、普通のホエイプロテインです。

理由は簡単で、安価で、市場にもよく出回っているからですね。

一方、WPIというのは、普通のホエイプロテインを作るよりも工程が多いため、

基本的には高価です。

ですが、おなかを下す原因になる「乳糖」がろ過の過程で取り除かれており、

誰でも簡単に飲め、たんぱく質が素早く吸収されるといった特徴があります

BCAA とは

必須アミノ酸の内、バリン、ロイシン、イソロイシンの3種類の総称です。

たんぱく質の合成促進や、分解抑制といった効果があるとされています。

筋トレというのは、トレーニングによって筋肉を傷つけ、

筋肉が修復する際にたんぱく質を送りこみ、以前よりも強く大きい筋肉を作り出していく作業です。

たんぱく質の合成促進というのは、この筋肉を大きくする過程に影響してきます。

逆に、筋肉は使っていなかったり栄養が足りていなかったりすると、どんどん分解されてしまいます。

その分解の速度を落とす効果も期待できるということです。

WPI、BCAAというのは、トレーニーにとってはどちらも非常に重要な成分ということです。

つまり・・・?

色々なプロテインを見てきましたが、WPIにBCAAがこれだけの量含まれている商品は見た記憶がありません。

BCAAって、そもそもプロテインパウダーとは別に摂取するのが主流なんですよ。

理由は知らんけど。

もちろん、BCAAがある程度配合されているプロテインもありますが、

WPIにこれだけBCAAが配合されているのはMURB(マーブ)の特徴と言えそうです。

つまり、筋トレ民にとってMURBは・・・

最強

もってぃ
もってぃ

でも、まだまだ妥協しない

実際の栄養成分表示もしっかりチェックします。

栄養成分表示の筋肉チェック

それでは、栄養成分表示の筋肉チェックをしていきましょう。

筋肉チェックとは、栄養成分の細かい部分など一切気にせず、

いかに筋トレ・筋肉にとっていい栄養があるかだけを見る分析です。

では、みてみましょう。

ソルトライチ&グレープフルーツ:356円(税込み) /1本(350㎖)

エネルギー 152kcal

たんぱく質 20g

脂質 0g

炭水化物 18.2g

食塩相当量 0.52g

ビタミンB1 2.9mg

ビタミンB6 1.5mg

ナイアシン 1.2mg

マグネシウム 20mg

BCAA 5000mg

クエン酸 1000mg

ピンクレモネード&ラズベリー:345円(税込み)/1本(350㎖)

エネルギー 100kcal

たんぱく質 20g

脂質 0g

炭水化物 4.9g

食塩相当量 0.01g

ビタミンB1 2.9mg

ビタミンB6 1.5mg

ナイアシン 2.2mg

BCAA 5000mg

クエン酸 1000mg

筋トレサラリーマンによる筋肉チェックの結果は・・・

もってぃ
もってぃ

満点!!!

基本的に、どちらの味もケチをつける部分はありませんよね。

トレーニーは、PFCバランスを最も重視します。

たんぱく質、脂質、炭水化物のバランスのことですね。

まず、トレーニーが嫌がる脂質が両方ともゼロなのは素晴らしい

たんぱく質20gというのも、一度に摂取できる量としてはほど良い量です。

炭水化物については、ソルトライチとピンクレモネードで差がありますが、

これは飲むタイミングによるでしょう。

多少多く炭水化物が含まれているソルトライチに関しては、

トレーニング前・最中に飲めばたんぱく質・炭水化物の栄養補給に使えます。

ピンクレモネードは炭水化物が少ない分、トレーニング後のたんぱく質補給に使えばばっちりですね。

本当に文句のつけどころがない、ナイスマッチョな栄養バランスでした

MURBの口コミ

では、実際にMURBを使っている人はどんな感想を持っているのでしょうか。

みんな大好きインスタグラムで調べてみました。

めっちゃいい体ですね。かっこいい。

WPIの特徴でもある、おなかへの優しさについての感想がありますね。

これがインスタ映えというのでしょうか。

プロテインって、基本的に無骨なデザインなものが多いですが、

これだけ絵になるのはすごいですよね。

女性がジムで持ち歩いていたら、それだけでオシャレに見えそうです。

他にもいくつかブログ記事がありましたが、いずれも好評でした。

いざ、実飲@ジム【プロテインウォーター「MURB」】

それでは商品の説明はこの辺にして、実際のレビューにいきましょう。

今回は、商品の成分を見た際に、

トレーニング前、最中、後のどのタイミングでも飲めるプロテインウォーターだと思いましたので、

それぞれのタイミングで実際に飲んでみました。

この日のトレーニングメニューはこんな感じです。

筋トレメニュー
  • バーベルスクワット 7セット
  • バーベルカーフレイズ 3セット
  • バーベルランジ 3セット
  • レッグカール(マシン) 3セット
  • レッグエクステンション(マシン) 3セット

計1時間4分

ランメニュー(トレッドミル)
  • 6㎞/h ×25分
  • 8㎞/h ×15分
  • クールダウン 5分

計45分 4.68㎞

普段はこんなに長いランメニューはしないんですが、

せっかくなので体を酷使しました。

ガチガチに下半身をいじめる日ですね。

トレーニング前:そのまま飲む

さあ、トレーニング前です。

トレーニング開始20分ほど前に、「ソルトライチ&グレープフルーツ」を100㎖ほど飲みました。

ピンクレモネードではなく、ソルトライチを選んだのは、炭水化物の含有量です。

トレーニングをするにあたっては、筋肉を動かすガソリンとなる炭水化物も大事です。

この日は下半身トレーニングで、いつも以上にエネルギーを使う日だったので、

少しでも炭水化物が多いほうを選びました

飲んでみましょう。

・・・

・・

うまい。

いや、正直びっくりしました。

柑橘系の香りが強く、スポーツドリンクのような口当たりです

粉末のプロテインにありがちなもったりした感じは全くありません。

私、普段は粉末のプロテインしか飲まないので、ミルク風味やチョコ風味といった甘ったるい味に慣れています。

ですから、MURBのすっきりとした飲み口や、

もったり感がまったくないのど越しにただただ驚きでした。

また、おなかにたまる感覚もありません

あまりにも満腹感が出てしまうようだと、その後のトレーニングの邪魔にもなります。

でも、飲んだ後はすっと体に浸透していくような感じがします。

この後のハードなトレーニングも大丈夫そうです。

トレーニング中:薄めて飲む

さて、トレーニング開始です。

トレーニング中の栄養・水分補給のため、

ソルトライチの残りを水で薄めることにしました。

水1500㎖、MURB250㎖の割合です。

結構薄い気もしたんですが、どうでしょうか。

・・・

・・

いける。

柑橘類の香りが薄まり、酸味だけが残った風味になりました。

酸味とは言っても、「酸っぱい」と感じるほどのものではありません。

トレーニング中って、恐ろしいほど汗をかくんですよね。

ランメニューも同じです。

だから、たった1時間のトレーニングでも2ℓ近い水分を取るのも当たり前です。

この量を、ただの水でとろうとすると苦しいんですよ。

おいしくないから。

でも、MURBを薄めた水は、適度な酸味があって飲みやすく、

しかもたんぱく質や炭水化物の補給にもなるわけです。

どんなに飲んでも苦しくならないのは、驚きでした。

驚いたと言えば、もう一点。

やっぱり、おなかにたまらないんですよ。

ただの水をがぶ飲みしてしまうと、当然ですがしばらく水っ腹になります。

こんなときに、腹部を圧迫するスクワットをするとどうなるか・・・。

はい、私過去にジムで戻したことあります

でも、MURBにはこの水っ腹になる感覚もあまり感じませんでした。

スクワットをしても、問題なくすいすいバーベルを挙げられました。

栄養もそうですが、水分としての吸収もかなり早いんでしょうか。

トレーニング後:シャワー室で飲む

ふらふらになりながら、ジムのシャワー室へ。

ゴールデンタイムを逃さないように、今度は「ピンクレモネード&ラズベリー」をいただきます。

・・・

・・

これはマッスル

失礼、おいしいです。

ソルトライチに比べると、甘みが強いです

でも、やはりラズベリーの酸味を感じるすっきりとした飲み口で、

いい意味でプロテインらしさがありません。

ジェンダーの世で言うのも問題あるかもしれませんが、

女性受けしそうな味だと感じました。

350㎖、一気に飲み切ってしまいました。

ごちそうさマッスル

冗談っぽくいってしまいましたが、

ハードなトレーニング後に一気に飲めるというのは本当にすごいです。

特に、きついメニューを組んだ日は、

飲まなきゃいけないとわかっていてもプロテインすら飲めないほど疲弊することがあります。

この日はトレーニングだけでなく、ランメニューもしたからもうへとへとでした。

少なくとも、固形物は受け付けない。

そんなコンディションでも、ゴクゴク一気に飲み干せる飲みやすさと味は、

MURBの強みだと思います。

総評

ここまでMURBをべた褒めし続けてきましたが、

いや、本当にありませんでした、欠点。

しいて言えば値段が強気ではあります。

ですが、常飲するのではなく、

減量期のトレーニング前や最中に活用したり、

増量期の間食代わりにしたりして飲む量を調整すれば許容範囲のお値段です。

特に通常のプロテインではおなかを下しやすい人や、

甘ったるい粉末状プロテインが苦手な人は、ぜひ一度おためしください。

【購入はこちら】プロテインウォーター「MURB」を買う3つの方法

購入方法は3パターンあります。

  • 大手ECサイトでの購入
  • 公式サイトでの購入
  • スポリートでの購入

大手ECサイトでの購入

Amazonや楽天市場といった大手ECサイトでの購入はこちらから。

プロテイン ウォーター MURB

公式サイトでの購入

複数本セットなのが玉にきずなのですが、

初回限定は15%オフ定期購入なら10%オフの大盤振る舞いです。

公式サイトはこちらのボタンからどうぞ。

MURB公式ストアはこちら

スポリートでの購入

私がアンバサダーを務めるスポリートのショップでも取り扱いがあります。

こちらは、ばら売りされているのが特徴ですね。

ただし、まとめ買いじゃないと送料がかかるのは注意しましょう。

スポリートのショップはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか。

オールインワンのプロテインウォーター「MURB」のご紹介でした。

私が学生だったときのプロテインって、脱脂粉乳みたいなまずくてぱっさぱさな粉しかなかったんですよ。

それが、今はこんなにおいしいプロテインが出ているのが驚きです。

もちろん、他のプロテインを否定するつもりはありません。

実際、私もMURBを知りましたが、すべてMURBに置き換えるつもりはありません。

ですが、トレーニングのシーンや体重調整の期間に合わせ、

柔軟に栄養補給の選択肢に取り入れる価値のある一品だと思います。

気になった方は、ぜひ一度お試しあれ。

「MURB」についての他のアンバサダーの皆さんも記事を作成されています。

よければ、↓↓↓こちらからご覧ください↓↓↓

https://spolete.jp/reports/archive/ambassador_kickass_murb/

もし「私もスポリートアンバサダーに興味があるよ!」という方は、

ぜひ参加してください。

「スポリートアンバサダーに興味があるよ!」(スポリート公式HPへ)

では、今回はこの辺で。

ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA